ログイン
「腰」「肩」「首」のために、眠ることに困っていらっしゃる方へ

睡眠は、1日の身体の疲れやストレスなどを心身共にリフレッシュしリセットする大切な時間です。
毎日の快適な睡眠時間が日常の生活や仕事においていかに重要であるか
医学的、科学的にも広く認められています。

 

こんなお悩みの方には、きっとお役にたちます!

●夜間に何度も覚醒して熟睡できず、昼間に睡魔に襲われる
肩こりや腰痛などで不眠に悩まれている方
脳卒中の片麻痺手足につっぱり(痙縮)の起こりやすい方、
病気や事故などで身体に痛むという症状お持ちの方
●任された仕事の重圧で大きなストレスを抱えていらっしゃる方
産後でまとまった時間眠れず、体に歪みを感じていらっしゃる方

このような方々に、
私たちは、お役に立ちたいという思いから
このSLEEPSHOPを立ち上げました。

 
健康を心身共に維持するために、
また笑顔で心地のよい毎日を送っていただくために

「あなたの為に」「あなた用の」個人に合ったベッドを
ご提案させていただきます。
スリップショップのスタッフ

特に腰のことでお悩みの方は、ぜひ体験をおススメしています!

このベッドを選んだ店長の体験談

当店のベッド販売歴は45 年になります。

最初は、有名メーカーのフランスベッドなどを販売してきました。
販売当初は、ベッドというもの自体がこれからという時代でしたので、
ベッドといえば、どこも同じような印象でした。

しかし、ベッドを購入する人が増えてくるにつけ
「有名なベッドメーカーだから、いいベッドではない」ということを感じるようになりました。
寝心地を追求していく中で、
スプリングベッドといっても、ポケットコイルがより眠りにはいいということがわかりました。
さらには、ベッドのマットレスの素材にこだわることの大切さにも意識が行くようになりました。

そうして、2004年頃からセンベラ社ドルミエンテ社ラテックスマットレスとウッドスプリングフレームベッドの販売を開始することになりました。

どちらも、天然素材を重視する傾向にあるドイツのメーカーです。
当時のベッドは、デザインのみが重視されたフレームとマットレスといえば、たくさんの詰め物を入れることで柔らかさを強調するというマットレスが主流でした。

また、すのこベッドが流行ったり、マットレスの詰め物が流行ったりして、寝心地をよくするための工夫はなされてきたものの、お客様がそのベッドの性能に合わせるしかないのがベッドというものでした。


それが、センベラのベッドは、お客様の体に合わせて、調整できるという面で、これまでのベッドとは画期的な違いがありました。

そのため、当店では、このセンベラのベッドを専門に販売するように変わってきました。

私自身も、当然このベッドで、今までにない快適な睡眠を得るようになりました。

このことが伝わっていくと、最初は、ラテックスマットレスに批判的であった大手のベッドメーカーもラテックスマットレスを導入するようになり、その中でも、一歩リードしているセンべラのマットレスが多くの方々に支持されるようになりました。

センベラもさらに進化していきましたが、原油等の高騰により、販売価格が高くなってきました。
ちょっと手を出しにくい価格になってくると、ご購入いただける方は、本当に眠りに困ったという方だけにしか通じないようになりました。

そうなってくると、もっと品質にこだわるようになりました。

そんな中、私自身が脳内出血を患い、いわゆる片麻痺となってしまいました。
左半身が麻痺して不自由な身体になってしまいました。

この状況で、一番困ったことは、眠りでした。
半身が不自由になると、寝返りが大変になったということです。
寝返りを打って、左肩側が下になると、筋肉が引きちぎられるような痛さで目が覚めてしまうのです。

今まで、感じたことがない体験でした。

この悩みが、より良いベッドを探すきっかけになりました。

そしてついに、寝返りしても痛くないベッドに出会うことができたのです。

これが、スリープショップのベッドでした。

具体的には、ラテックスマットレス(20㎝・ソフト)とXポイントの組み合わせでした。
このベッドに出会えた時は、ホントにびっくりしました。

不自由になってみないと、絶対に気づくことがなかったと思っています。

そこで、今までは、センベラのマットレスやウッドスプリングベッドをお奨めしていましたが、
2016年末より、このスリープショップを立ち上げました。

様々なベッドを体験して、お客様に自信をもってお勧めできるベッドを紹介してきましたが、
これからは、よそでは購入できないこのベッドをまず体験してもらいたいという思いでいっぱいです。

 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有